考える力を君に! | 考える力をつける塾-凜明館

 塾の方針

★「知識」から「知恵」の時代へ「ざっと1億年前の時代、白亜紀と呼ばれる恐竜達の天下だったワケで・・・」とスネ夫が自慢の化石を手にしゃべりだす。
のび太は、イヤイヤながらもそれを聞くしかない。

もしこの時のび太がスマホを持っていればこう言っていたに違いない。
「ウィキペディアを見ればわかるから説明しなくていいよ!」

今は誰でもが情報を持っている時代で、「知識」が大事なのではなく
どう使うか
という「知恵」が問われる時代です。

★そんな時代の子供の特徴
文章題になると固まってしまう子が多い。
その原因として考えられるのは・・・

●写真や動画が簡単に見られるので文章を読んでイメージする必要が無い
●学校や塾でテストの点数Upのテクニックや公式の使い方だけを教わっている

教わったことしかできない子供になってしまっているのです。

★イメージ力をアップさせる!
初めて見るパターンの問題でも、文章や絵から必要な情報を読み取り、実際にイメージしてみることが必要です。
イメージする力は自然に身につくものでもありません。
これらを身に付けるためには

●理解するための助けとなる簡単な図や絵を書く
●複雑な問題のポイントを押さえ単純な内容、数字に置き換えて考える
という訓練を根気よく続けることが必要です。

この能力は身に付けるのは大変ですが、身に付けた後の効果は絶大で、グングン成績が伸びていきます。
まずは子供に「考えさせる」ことが必要で、質問のしかた1つで子供をダメにも天才にもします。

以下、主な指導方針のページへ飛びます。

  主要5教科:集団授業と個別授業両方で対応します

  作文    :個別授業で行っています

  入試面接 :3年生の12月くらいから取り組んでいきます

down

コメントする