考える力を君に! | 考える力をつける塾-凜明館

 英語
英語の授業には私はこだわっています。
他の塾では内申点Up対策として学校の教科書の英文と日本語訳を丸暗記すると言うことをやります。
確かにこの方法でやると学校の試験の点数は上がりますが、入試では通用しません
人集めのための目先の対策としか思えず、基礎が身に付かないため高校に入ったら英語が嫌いになるので私はやりません。

私は時間がかかっても徹底的に生徒に基礎を叩き込みます。
世間には文法対策の効果的な教材が無いので私は自分で作っています。これをテキストと併用します。
英語の文法は雰囲気では覚えられません。ちゃんと言葉で説明できるようになって初めて使えるのです

でも言葉で説明できたからといって、使えるようになりません。使う練習も必要です。
文法とそれを使った作文の両方ができなければなりません。
私が作った教材の一部を紹介します。

たとえば①の「1つの文に動詞は2つ入らない」
ついつい子供たちはbe動詞と一般動詞を1つの文に入れてしまいます。これをちゃんと言えるようにならなければ同じミスを何度も繰り返します
但し、言えただけではダメで練習が必要です。
この文法に対する練習問題が(5)にあります。文法問題と練習問題の順番を変えているのがミソです。

1回では覚えることができない子が多いのでこれを何度も繰り返します。
これをやると子供たちの英語力が急にアップしていきます。
皆さんも同じようにはできないにしても工夫してお試しあれ。きっと役に立つはずです。

down

コメントする