考える力を君に! | 考える力をつける塾-凜明館

  これまでの人生
  岩手県生まれの田舎もの。
  父親が転勤の多い警察官だったので県内の学校を転々として回り、小学校は5回替
  わった。
  高校は盛岡第一高等学校。今でもバンカラ(破れた学帽、高下駄、腰に手ぬぐいの
  レトロなスタイル)の校風が残る面白い学校だった。
  一浪の後、東北大学工学部へ。
  卒業後は沖電気に入ったがソニーに転職。会社では半導体関係をメインとして仕事し、
  ロボットの設計、PS2、PS3などのゲーム用の画像処理半導体の開発、一眼レフの
  イメージセンサーなどの開発を行った。
  ある日、新聞にアフリカかどっかの貧困で泣いている子供の写真を見てから、こういう
  子供を一人でも減らせたら・・・と言う思いが募り、ユニセフ、エル・エンジェル、テラ・
  ルネッサンスなどの活動に共鳴。
  時を同じくして子供が入ったサッカーチームにどっぷりはまることになった。
  「ゲームなんか作っていて子供のためになるんだろうか?」と言う疑問がきっかけと
  なってソニーを退職し、塾を開業した。

  これまでの人生を振り返って思うことは「自分がやりたいことが見つかったときに
  それをやれるようになるためには、学力、体力、人間関係が大事だ!
と言うこと。
  今は勉強はつまらないし、部活もきついかもしれないけど、絶対努力したらあとで
 
 報われる
と言うことを覚えておいて欲しいなぁ。
  「勉強はつまらないし・・」と書いたが、俺は勉強は面白い!と思うなぁ。
 

down

コメントする